コアコンセプト・マーケティングから始めるぶれない会社経営

コアコンセプト・マーケティングこそビジネスの要

コアコンセプト・マーケティングが実現する5つのメリット

コアコンセプト・マーケティング5つのメリット

経営者にとっては望ましい状態です。

「これらが全て叶います!」という方法はたくさんあると思いますが、コアコンセプト・マーケティングでこそ実現してほしいと思います。

コアコンセプト・マーケティングで実現できる3つの理由

ではなぜ、コアコンセプト・マーケティングで実現できるのでしょうか?

コアコンセプト・マーケティングで実現できる3つの理由


【コアコンセプト・マーケティングの全体像】
ミエルチカラとミセルチカラ


コアコンセプト・マーケティングの詳細は「こちら」をご覧下さい。

コアコンセプトに沿った成功パターンを見つけましょう

冒頭から何度も繰り返し出てくる「コアコンセプト」ですが、ネットで「コアコンセプト」という言葉を検索すると、マーケティング用語として「ブランド構築の中心となる推進力を持ったアイディアのこと」と出てきます。

でも、この「コアコンセプト・マーケティング」でいう「コアコンセプト」は、自分自身の判断基準となる本質的な価値観のことを言っています。

コアコンセプト・マーケティングでは、この「コアコンセプト」こそが、すべてのベースであり要になっています。自分自身の本質的な価値観をベースにするには理由があります。

人はまず感情です。

心を突き動かす感情や欲求を行動に移すことで、自分の持てる力を最大限に発揮することができます。そのために自分の気持ちとやっていることをつなげる必要があります。

ところが、多くの人は「感情・欲求」ではなく、「条件付きの欲求」と「選択・行動」がつながっています。

「儲かりそうだからやりたい」

「今流行っているから挑戦したい」

「誰でも簡単にできそうだからやりたい」

というように「〇〇だから」という条件が付いています。この「条件付きの欲求」は「思考」です。

ですから、「条件付き欲求(思考)」を基にビジネスを続けていると、どこかでつまずきます。

やりたくなくなります。へこんで落ち込みます。

それは素直な自分の感情や欲求からではないので当然です。

人は同じパターンを繰り返します。

心底自分が感じたい、求めている「感情・欲求」と「選択・行動」をつなげることで、自分の成功パターンが分ります。同時に上手くいかないパターンも分ります。

成功パターンを導き出すのが「コアコンセプト」です。

コアコンセプトは、自分自身の判断基準となる本質的な価値観のことですが、この本質的な価値観は、自分の「感情・欲求」によって育まれたものです。

ですから、コアコンセプトを介してつなげられた「感情・欲求」と「選択・行動」の成功パターンは誰一人として同じではなく、一生変わることもありません。

人は自分を裏切り続けることはできません。

コアコンセプト・マーケティングは、自分自身のコアコンセプトが基になっています。

他人から言われたり、押し付けられたりするのではなく、コアコンセプトに沿って自分の力を最大限に発揮できることがビジネスの核です。

だから、自分だけの成功パターンでビジネスを進めていけるということです。

ワクワクの仕掛け人がコアコンセプト発掘をお手伝いします

ワクワクの仕掛人、才能プロファイラーの岩井洋美です。

はじめまして、ワクワクの仕掛人、ヒーズ株式会社の岩井洋美です。

経営者ご自身の「コアコンセプト」を明確にして、アコンセプトに沿って最も力を発揮した状態でビジネスを続けていただけるようにお手伝いをしています。

「コアコンセプト」を明確にするには、とことん自分と向き合うことが必要です。ひとりでは決して掘り起こせないところまで深掘りをすることになりますが、必ず成功パターンが見つかるまでご一緒させていただきます。

コアコンセプト・マーケティングの詳細は「こちら」をご覧下さい。






Tag: コアコンセプト マーケティング 成功パターン 感情 思考

powered by HAIK 7.1.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional